« 飛び出しものも良いかも? | トップページ | アルファレッタに移動 »

2006年3月 5日 (日)

いざ、アトランタ!

私、飛行機は大嫌いです。「乗ってイヤなことがあった」とかいうものではなく、単にイヤなのです。そんな私が、転職6ヶ月でまさか海外出張に行くことになろうとは…。

当日の出発30分前までバタバタして、何とか準備を整えてまずは羽田空港第2ターミナルビルへ。正直、何が必要なのかも分かりません。だって、海外行ったことないんだもん。「はじめての海外旅行」なる本を事前に読んでいたので、まぁ出国手続きまではスムーズに。で、機内に入るわけですが、エコノミーの狭さにこれまたビックリ!「狭い」とは聞いていましたが、これ狭すぎません??わたくし、この時点でもうビビッてます(^^;

★デルタ航空DL56便 ボーイング777(トリプルセブンと読むのだそうだ)

060304_1

さて、機体はお待ちかねの離陸に入ります。3-3-3シートの通路側だったので外はよく見えなかったのですが、たいしたことはありませんでした。………と思ったのも束の間、急加速して「離陸体制に入ります」というアナウンスが。「うわ、うわ、うわ、宇和!」と思っているときにふと横を見ると、片乳出してるオバハンが!?こんな時に授乳しなくたっていーぢゃんか!と、詰まらんことを考えている間に無事離陸。うーん、やっぱりちと怖い(^^;

水平飛行に入ってしまうと、爆音が聞こえますが特にすることもなくなりますので、形だけはリラックスします(ホントは怖いので固まっている)。すると、すぐに機内食が配られ皆さん一斉にお食事モード。「チキンorパスタ」でチキンを選択。「ふーん、これが機内食ってやつかぁ」と納得しながらペロリとたいらげます。食事を片付け終わると、これまた一斉トイレモード。機内で列作っちゃってます(笑)。その後は電気を消してお休みモード。隣の武蔵丸似のやつのいびきがうるさくて眠れず。(--# やっぱり機内って退屈ですねー。結局寝起きを繰り返しているだけでした。

約11時間のフライトでハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港へ着陸です。この着陸の怖さ、一生忘れないでしょう。こんなに落下感があるものでしょうか、フッと落ちるような感覚に襲われ、手にジットリと汗をかいてます。しかも機長が「着陸をやり直します」などとのたまったものだから、内心パニックです!はぁ、死ぬかと思った…。

着陸してまずは一安心。入国審査の黒人のおっちゃんは何言ってるか分からんけど、適当に誤魔化しておきました。荷物もなくなることなく出てきましたし(Naritaの表示がなくMoscowのところから出てきてたけど)、ってことで次のお題はレンタカーです。レンタカーの予約表を見せて、これまた何言ってるか分からないのでOK攻撃。与えられた車はOutBack、日本ではスバルのレガシィB4…ってうちの車と一緒やん!こっちはバンですけどね。良かったのか悪かったのか、一緒の車種で違和感なく運転できました。

で、ここからが大変。空港から車で5分のホテルが見つかりません!!自分の居場所が分からないので、もう適当に走るしかありません。一応、道路番号見たいのが書いてあるので目安にはなるはずなのですが、通りの名前とか地図上に見つからず、気づいたら既に45km走ってました(ToT) 結局どうしたかというと、スーパーに駆け込んで「迷子になっちゃったんだけど、ここ(ホテル)に行くにはどうしたら良いの?」って聞いちゃいました。その中国系のおばちゃんがものすごく親切で、ホテルに電話してくれて道順までしっかり書いてくれました。このおばちゃんがいなければ、今日は野宿していたかもしれません。ありがとう!!2時間さまよって、何とかホテルにたどり着きました。もうヘトヘト…。

ここに書ききれないほどの武勇伝を初日からかましてまして、少々凹んでおりますが、明日は会社のあるアルファレッタに車で移動しなければなりません。明日は早起きして、迷っても時間の余裕があるようにしようっと。

★なぜかホテルはツインルーム(笑)

060304_2

|

« 飛び出しものも良いかも? | トップページ | アルファレッタに移動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67529/8950277

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、アトランタ!:

« 飛び出しものも良いかも? | トップページ | アルファレッタに移動 »